製品別機能比較表

この記事では、製品の機能比較を一覧でご確認いただけます。
比較表にあるリンクをクリックすると、各機能の詳細が記載されている記事にアクセスできます。

  機能 STB Pro STBP Enterprise Enterprise Cloud SRS
Premium
SOS
技術者
あり
技術者
なし
技術者
あり
技術者
なし
接続中の
機能


ファイル転送
チャット
リモートプリント
リモート再起動
リモート中セッション録画
マルチモニター
My Desktop共有
1ストリーマー2同時接続
1デバイス複数セッション接続
画面非表示
(ブランクスクリーン)
キーボードとマウスをロック
リモートUSB
リモートスタイラス
(iOSはリモートApple Pencil)
リモートマイク
(リダイレクトマイク)
YUV444
高音質のオーディオ ✕ 
Webアプリ
Voice Call (音声通話) ✕ 
接続前の機能

セッション前リモート再起動
セッション前ファイル転送
セッション前チャット
リモートウェイク
※サポート対象外
エンド
ポイント
管理
アラート機能
リモートコマンド
(複数のPCに即座または日時を設定してタスクを実行する)
システムインベントリ
イベントログ
Windowsアップデート管理
バックグラウンドアクション
(Web管理コンソールからリモートPCのツールにアクセス)
SOS 9桁のセッションコードを使用した接続
Service Desk
その他 SSO(Linux不可)
予定されたアクセス

 

アドオン
機能

IPアドレスホワイトリスト
MACアドレスホワイトリスト
Splashtop Connector
ウォーターマーク

 

【注意事項】
*比較表で◯と記載されている場合でもOS等条件によってご利用いただけない機能がございます。

 
*Linux向けのストリーマーは現在β版となっております。Linuxでご利用いただける機能については、「Linuxの機能リスト(外部サポートサイト)」をご確認ください。
 
*Chromebookは Androidアプリを使用していますが、OSのアップデートやモデルの違いにより、
一部の機能が利用できない場合や動作が不安定になる場合がございます。
詳しくは「Chromebook の制限事項(外部サポートサイト)」をご確認ください。
 
*リモートウェイク機能については、起動させるコンピュータがWOL (Wake On Lan)に対応している
必要があります。
詳細は「リモートウェイク(Wake on Lan)
Splashtop アプリでWake-on-LAN(WoL)を実行する方法(外部サポートサイト)
Wake On LANとは?遠隔から会社PCの電源をオンにする方法や設定手順を解説!(公式サイト)
をご確認ください。
WOL対応可否や設定方法詳細は使用しているコンピュータ製造メーカーへお問い合わせください。
恐れ入りますが本機能につきましてはサポート対象外とさせていただきたくご了承の程お願いいたします。
 
*アドオン機能についてはお客様のお申込みで機能を有効化しております。ご希望のお客様はご購入先販売店にお問い合わせください。
 
*コンピューターアドオンは「Splashtop Enterprise」、「Splashtop Enterprise Cloud」ご利用のお客様がお申込みいただけるオプションです。コンピューターアドオン単体ではお申込みいただけませんのでご注意ください。コンピューターアドオンではご契約の製品(Splashtop EnterpriseまたはSplashtop Enterprise Cloud)技術者ライセンスの機能をご利用いただけます。
  
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています