My Desktop共有

My Desktop共有機能はBusinessアプリがインストールされたコンピュータの画面を

別のコンピュータのWebブラウザで表示する機能です。
最大で2台のデバイスに共有することができます。
この機能は現時点で Windows版のBusinessアプリのみご利用いただけます。
Mac版Businessアプリには対応しておりません。
なお、この機能は画面の表示のみ可能なため、共有先のユーザーが遠隔から操作することは
できません。詳細は「My Desktop共有(外部サポートサイト)」をご確認ください。

My Desktop共有にはセッション前とセッション中に画面共有を行う方法があります。
こちらの動画から実際の手順をご覧いただけます。

要件
この機能は以下の製品でご利用いただけます。

  • Business Pro/Performance
  • SOS
  • Remote Support Plus/Premium
  • Enterprise Cloud
  • Enterprise
リモートセッション前の場合

Businessアプリを起動します。「ファイル」から「My Desktop共有」を開きます。

My Desktop共有+1_230719.png

ポップアップウインドウが表示されたら、左端の「共有を開始」ボタンをクリックして
画面共有を開始します。

My Desktop共有+2_230629.png

リンクボタンが表示されたら、クリックするとURLがコピーされますので、画面共有したい
ユーザーにメールやチャットなどで送信してください。

My Desktop共有+3_230629.png

下記画像の右上の数字は画面共有で接続されている人数を表示しています。最大で 2 名まで画面
を共有することができます。

My Desktop共有+4_230629.png

下記の赤枠部分をクリックすると画面共有を終了します。

My Desktop共有+5_230629.png

 

リモートセッション中の場合

Businessアプリでリモート接続中に、上部ツールバーの「操作」アイコンから「My Desktop共有」
を開きます。

My Desktop共有+14_240125.png

赤枠をクリックし、リンクをコピーしてメールなどで共有します。

My Desktop共有+7_230720.png

 

ユーザー側の操作

ユーザー側は共有されたURLをWebブラウザで開きます。

My Desktop共有+8_230720.png

My Desktop共有は画面共有のみでリモート操作は行えませんが、Businessアプリが
インストールされたPC上の画面をリアルタイムで共有先に見せながら説明するなどの用途で
ご利用いただけます。

My Desktop共有+9_230720.png

 

トラブルシューティング
「ビューアーが制限に達しました」と表示される場合
My Desktop共有は最大2台のデバイスに画面を共有できます。2台以上画面共有している場合か、
リモート接続先または共有元のコンピュータで「viewit.at」含め2台以上開いている場合、
このメッセージが表示されます。

My Desktop共有+10_230720.png
「セッションコードが無効です」または「セッションが停止しました」と表示される場合
共有元のコンピュータですでに共有が停止されている場合このメッセージが表示されます。
My Desktop共有+11_230720.png
リモートセッション中の画面から画面共有する際に1人しか画面共有できない場合
リモート接続中にMy Desktop共有をクリックすると、リモート接続先のコンピュータで
「viewit.at」の画面が開きます。「viewit.at」の画面1ページにつき1人分画面共有
していることになるため、リモート接続先の「viewit.at」画面を消すと2台共有できます。
それでも共有できない場合は1台のデバイスで「viewit.at」を複数の画面で開いてないか
確認してください。
画面が無限ループする場合
下記の画面のような「無限ループ」が発生する場合、これは主に2つの原因によって
引き起こされます。
My Desktop共有のリンクを共有先コンピュータではなく共有元コンピュータで開いている
My Desktop共有のリンクは、必ず別のデバイスに送信してください。
「リンクのコピー」アイコンをクリックした後、リンクを共有元で開くのではなく
共有先のユーザーに送信してください。
My Desktop共有+12_230720.png
リモート接続中My Desktop共有を選択後、「viewit.at」の画面をリモート接続先で開いている
このような場合、画面の無限ループを回避するには、別の画面に移動するか、リモート接続先の「viewit.at」画面を閉じます。
My Desktop共有+13_230720.png
  
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています